20代のニキビは思春期ニキビ?大人ニキビ?

20代のニキビケアは思春期ニキビ・大人ニキビのどっち?

イメージ
「ニキビ」といっても思春期ニキビと大人ニキビは全く違います。大人ニキビに思春期ニキビ用の薬を使っても効き目はありません。そこで20代女子が抱えるニキビの悩みを解決します。

 

そもそも大人ニキビとは?

 

口のまわりやあごの裏側にブツブツと出来ます。しかもすぐ再発します。肌の状態を整えないと毛穴がつまり、ニキビが再発するという悪循環におちいります。なぜかというと、つまった毛穴の奥に炎症を起こすアクネ桿菌という菌が残っていおり再発しやすくしています。衣服のすれなどで炎症が深くなり、一度できると治りにくいです。そしてニキビ跡として残りやすいです。肌の代謝が遅れてしまっているので肌代謝を上げてニキビ跡を残さないようにしないと最悪の状態となります。実際、20代?30代のニキビケアを怠ってしまった為に、40代?50代以上では、ニキビが色素沈着しシミになるということで悩まされてしまいます。20?30代のうちにしっかりとしたニキビケアを行っておきましょう。

 

ニキビができないようにするには

 

まず睡眠・まずビタミン・まずストレスをためないなど食事や心のケアなどやることはたくさんです。特に食べ物は気をつけましょう。甘い物や油っぽい物、お酒は控えましょう。化粧はこまめにおとし、なるべく肌に優しい化粧品を使うことも必須です。

 

ニキビができてしまったら

 

万能薬オロナインの出番です。使っている化粧水とよく混ぜて顔に塗りたくります。多少テカテカしますが、これでOK。2日くらいやってみるとたいていのニキビはよくなってきます。とても簡単で安いです。もちろん大人ニキビ用の市販薬も売っていますのでそちらとの併用もおすすめします。